3大ED治療薬のジェネリック品紹介

投稿者: | 2020年3月27日

3大ED治療薬のジェネリック品紹介

日本国内では 、バイアグラ・レビトラ・シアリスといった有名なED治療薬があります。
ED治療は保険適用外のため、病院で処方してもらうには高額と感じる方 もいるかもしれません。
格安でED治療をしたい方には、ジェネリック医薬品がオススメです。
ジェネリック医薬品は、新薬を元に作られた後発薬のこと。
確かな効果を低価格で実感したいなら、個人輸入で購入しましょう。

人気の高いジェネリック品を3つご紹介します。

【1】カマグラ
新薬であるバイアグラは、カマグラという後発薬が存在します。
同じ有効成分のシルデナフィルが100mg含まれているので、効果も確証済です。
インドで大企業として活躍している、Ajanta Pharma(アジャンタ・ファーマ社)で製造・販売されています。

患者にもっと寄り添いたいという気持ちから、カマグラには飲み方を変えたり、ふたつの効果を同時に得られたりするモノも。
気になる方は、人気の高いカマグラシリーズを試してみてください。

【2】バリフ
レビトラのジェネリック品として誕生したバリフ。
カマグラと同じアジャンタ・ファーマ社で製造されていますが、現在は生産中止のため、在庫のある分しか買えません。

即効性とリーズナブル過ぎる価格から、愛用者も多くショックの声も沢山あがりました。
個人輸入の運営サイトでは、在庫のある限り購入できるので、探してみてください。

【3】タダシップ
タダシップは、世界シェア率No.1を誇るシアリスのジェネリック品。
インドにあるcipla(シプラ)社で製造・販売されています。
インドでは知らない人がいないくらい3~4番目の大企業で、20,000人も従業員を雇用しています。

タダシップの最大の魅力は作用が36時間も続く、圧倒的な持続力です。
EDを恥ずかしいと思う人は少なくありません。
できるだけ隠して治療したい方は、作用時間の長いタダシップをデート前に飲んでおく方法を使っています。
副作用も少なく生活に支障がないので、ほしいと思った方は個人輸入してみてください。