勃起力最強のバイアグラ様から目が離せない

投稿者: | 2020年2月12日

バイアグラと食事の関係
バイアグラは1999年1月に厚生労働省 より製造販売を取得し、3月に日本国内で発売されました。
アメリカに本社を構えるファイザー社により、EDに効果のある治療薬として初めて製品化されたのです。
バイアグラの有効成分は、シルデナフィルでやや水に溶けにくい性質を持っています。

服用は1日に1回で、次の服用までは24時間空けてください。
食事はしていない状態で、空腹時の服用が基本です 。
バイアグラを服用して効果を得られないという方は、食事を摂ったあとすぐに 飲んでいたことが原因の場合があります。
服薬する時は、必ずお腹は空かせたままにしましょう。

セックスには体力も必要です。
「どうしても食べたい」という場合は、脂っこい料理を避ければOK。
食後2~3時間空けての服薬は可能です。
バイアグラが人気の理由は、勃起効果にありEDになる前よりも硬く強い男性器を実現できます。
「もっと硬さがほしい」と求める男性はたくさんいるので、服用して実感してみてください。

【副作用と相性の悪い果物】
軽度ではありますがバイアグラの効果がでると同時に、副作用も現れる場合があります。
主に言われる症状は、顔のほてり・目の充血・頭痛・動悸・鼻づまりなど。
目の充血とほてりが良く言われていて、これは血行促進作用が関係しています。

血流がよくなることで、身体全体が熱くなりほてりや目の充血が起こる可能性があります。

併用を注意しなくてはいけない果物があり、気を付けないと副作用を悪化させてしまう恐れも。
グレープフルーツにはフラノクマリンという成分が入っていて、バイアグラだけでなくED治療薬との相性が悪いです。
血圧を著しく低下させてしまう、または作用を増強させてしまいます。
身体に危険が及ぶ行為なので、絶対にやめましょう。